車に乗っているときの紫外線対策

車に乗っているときは紫外線は大丈夫だと思っていませんか。残念ながら車に乗っているときも紫外線の影響はあります。たった10分でも無防備に紫外線を浴びていると、日焼けをしてしまったり、肌が紫外線を記憶して何年後かにシミとして表れる可能性があります。

 

車の紫外線対策として効果的なのがUVカットフィルムです。紫外線透過率が高いほど色が濃くなり暗くなってしまいますが、紫外線から肌を守ることができて、シミやシワなどを防ぐことができます。日差しによる熱さを防ぐことができ、エアコン効率がよくなる働きもあります。

 

その他にも紫外線対策グッズを使用して車での紫外線を防ぎましょう。

 

車の中で紫外線を浴びやすいのが腕です。うっかりしていると腕がシミだらけになる可能性があるので、腕に当たる紫外線はアームカバーで対策をしましょう。涼しいタイプのアームカバーもあり、熱い夏場でも快適に使用できます。

 

窓ガラスを通して紫外線が当たるので、車の中でも日焼け止めが必要です。SPFやPAが高すぎる

と肌の負担になるので、普段使いならSPF15、PA++くらいのものがおすすめです。汗や摩擦で取れてしまい、いくらSPFなどの値が高くても取れると効果がなくなるので、こまめに塗り直しをしてください。

 

ミニスカートを履いている場合は脚にも紫外線が当たります。タオルやひざ掛けなどをして脚に当たる紫外線を防ぎましょう。

 

車での紫外線対策をしっかりとしておけば、うっかり日焼けやシミを防ぐことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ