目から入る紫外線もカットして日焼け予防

紫外線対策というと肌のことばかりに目が行きがちですが、目から入る紫外線も日焼けの原因になります。目から紫外線が入ると日差しが強いと判断して、メラニン色素を作るように脳が全身に命令を出します。

 

その他にも充血、ドライアイなどになったり、白内障のリスクを高めるといわれています。シミを防ぐには目の紫外線対策も必要なのです。

 

目から入る紫外線を防ぐ方法には、帽子や日傘で日差しを遮るという方法がありますが、これだけでは不十分です。地面から反射する紫外線もあり、目に紫外線が入ってしまいます。

 

紫外線カットを効果的にできるのがサングラスです。サングラスをすることで90%の紫外線をカットできるといわれています。

 

サングラスを選ぶときのポイントはUVカット加工されているかです。色が濃いものほど紫外線カットをしてくれそうですが、色が濃いからといって紫外線をカットできるわけではありません。色が黒いと瞳孔が開いて目から入る紫外線の量が増えてしまいます。

 

色で選ぶのではなく、紫外線カット効率で選びましょう。

 

紫外線をカットするサングラスには、染色レンズ、偏光レンズ、調光レンズ、フィルターレンズなどがあります。染色グラスはオレンジ、ブルー、イエローなどさまざまな色があり、おしゃれをしながら紫外線カットができます。

 

フィルターレンズは染色レンズではカットできないまぶしさや青い光をカットしてくれます。

目的や使用する場所によって選んでみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ