季節に合わせた紫外線対策

紫外線は肌老化の原因で、シミ、シワ、乾燥などを招きます。美肌を保つには紫外線対策が重要です。季節や時間帯によって紫外線量が違うので、季節などにあった対策をして美肌を維持しましょう。

 

紫外線が多い時期は7月や8月ですが、紫外線量は5月ころから増えています。5月は腫れの日が多いので地上に届く紫外線が多く、うっかりしていると日焼けを起こす可能性があります。

 

まだ大丈夫だと油断せずにしっかり対策をしましょう。6月は雨の日が多く晴れの日に比べれば紫外線が少ないですが、晴れの日にくらべて曇りの日でも50%、雨の日は20%の紫外線が届いているので対策が必要です。

 

雨の日でも日焼け止めを塗るのがもっともよいですが、日焼け止めを塗ることに抵抗を感じるなら、帽子を活用して対策をしてください。

 

冬は紫外線が少ないので対策を忘れがちですが、地域によっては紫外線が多いので注意が必要です。札幌と那覇では1.5倍もの違いがあるのです。冬も日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなどの対策が必要です。

 

時間帯は10時~14時の間に紫外線量が多くなるので、この時間帯はできるだけ外に出ないようにしましょう。外に出るときは日焼け止めを塗るようにします。

 

特に夏場は紫外線が強いので、日焼け止めを塗るだけでなく、帽子をかぶる、日傘をさすなどの対策もしてください。汗で取れやすいので、4~5時間に1回塗り直しをするようにします。

 

目から入る紫外線もメラニンの生成を促すので、UVカット効果があるサングラスをかけて目から入る紫外線対策もしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ