手の老化を改善・防止するには?シミを目立たなくしたい!

手のシミがすごく目立つ!これって老化の始まり?

前はなかったのに、いつの間にか手の甲にうっすらシミが・・・なんてことはありませんか?

電車のつり革につかまった時に、手を見て「老けたな」と思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

手や首は、よく年齢を表すといいますね。加齢と共に手のシワが増え、カサつきやすくなります。さらに、日焼けなど紫外線を吸収しやすいので、シミがすぐにできてしまいます。

 

それから、手は顔のようにメイクでカバーできませんよね。

ですから、どうしても老化が目立ってしまいますよ。さらに、顔は保湿などスキンケアをきちんとしますが、手は冬場にハンドクリームを塗るくらいで、ケアを怠っている方が多いのではないでしょうか。

そのため、顔よりも手の方が老化が早く感じるのかもしれません。

 

昔に比べて手荒れがひどくなったり、すぐに乾燥するようになったりと感じることはありませんか?

それも、手の老化かもしれませんよ。女性は家事などで水仕事をするので、ある程度しょうがないかもしれません。

 

しかし、皮膚がカサカサの荒れた指先や、血管の浮き出た手の甲は、実年齢よりずっと老けている印象を持たれかねません!

手の老化のメカニズムを知って、状態に合わせた予防や対策をしていく必要があります。

 

手にできたシミ…

あの頃に戻って「手袋しなさい!」と言いたい…><

シミに効く医薬品があるってご存知ですか??詳しくはコチラ

 

手の老化の原因って?ケアで若返るの?

 

手が老ける原因って、いったい何なのでしょうか?それは、顔と同じなのですよ。

 

まずは、紫外線です。顔はしっかり日焼けを防いでいても、手が無防備なんてこともありますよね。

そして、日差しの強い夏だけガードすればよいというわけではありません。ジワジワと皮膚のに浸透した紫外線が、時間をかけてシミになるのです。

 

それから乾燥です。

もともと手のひらは毛穴が少なく、皮脂の分泌が少ない部位です。

それなのに、水仕事などで手を酷使すると、さらに手の水分や油分が少なくなり、乾燥してしまうのです。

乾燥すると、手荒れやささくれとなり、手の老化をさらに悪化させます。

 

他にも血行不良が挙げられます。血行が悪くなると、栄養分が指先まで行き届かず冷えを招き、手の老化の原因になってしまいます。

手の老化が進行すると、手の静脈が浮いて目立つようになりますよね。

これは血管が硬くなり弾力がなくなるために起こる現象です。

 

年齢が原因だから、予防や改善なんてできないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、適切なエイジングケアを行えば、健康的な手をちゃんと取り戻すことができるのですよ。

 

乾燥ケア、冷えのケアと一緒に『内側から改善させるシミケア』ならコチラ☆

 

手の老化を防ぐ方法を知りたい!

紫外線対策用のUVカット手袋やUVカットのハンドクリームも市販されていますね。こういうツールを最大限に使って、まずは日焼けを防止しましょう。

 

それから、乾燥対策もお忘れなく。

顔と同じように、手のスキンケアもしっかりしましょう。たっぷり保湿した後、就寝中は手袋をして寝ると保湿効果がアップします。

また、水仕事をするときはゴム手袋をすると、手の油分が洗い流されることなく、カサつく心配がありません。

また家事で使用する洗剤なども手にダメージを与えますので、これもゴム手袋が効果的です。

 

血行促進には、マッサージが一番です。少しお金をかけても・・・とおっしゃる方は、サロンでハンドトリートメントをしてもらうと、リンパの流れも良くなり、スベスベになりますよ。

そして、冬はどうしても体が冷えがちになりますので、お風呂で湯船につかり、しっかりと手や体を温めましょう。

 

手だけじゃなくて「顔」や「首」のシミ・シワにも効果的な医薬品がありますよ!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ