乾燥肌対策のために摂りたい油

乾燥肌対策は化粧品を使うだけでは不十分です。化粧品で保湿成分を与えても、保湿成分を維持する力が低いとすぐに乾燥してしまいます。肌の力を高めるには食事を見直して体の内側から改善することが重要です。では、どんな食事をしたらいいのでしょうか。

 

やせるために油抜きダイエットをしていませんか。脂質は細胞膜の原料になる栄養素で、不足すると肌がパサパサになってしまいます。乾燥を防ぐためには脂質の摂取が欠かせません。

 

しかし、どんなものを摂取してもよいのではありません。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸ばかり摂取していると皮脂分泌が過剰になってニキビの原因となります。

 

乾燥肌改善のために意識して摂りたいのはオメガ3です。オメガ3は不飽和脂肪酸の一種で、細胞膜の原料になってツヤツヤな肌を作ってくれます。細胞膜の原料になる物質なので、不足するとターンオーバーが正常に行われず乾燥します。魚に多く含まれていますが、魚の摂取量が少なくなってオメガ3が不足しています。

 

魚以外にもオメガ3は亜麻仁油、しそ油、クルミなどにも多く含まれています。魚が苦手な方は亜麻仁油などから摂取するとよいでしょう。1日スプーン1杯の亜麻仁油で肌がしっとりしたという方もいます。

 

オメガ3は酸化されやすい油なので、亜麻仁油やしそ油は加熱せずに摂取してください。サラダや納豆にかけて食べるとおいしいです。保存は冷蔵庫でします。酸化しやすいので小さな容器に入ったものをこまめに買うのがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ