乾燥肌のボディケア

もともと乾燥肌なのでボディのスキンケアは年中欠かすことが出来ません。

 

一番効果があるのは、入浴後すぐのオイル美容です。オイル美容といってもそんなに難しいことではなくて、お風呂から出たら体を拭く前に濡れたままの状態ですぐにボディオイルを塗ります。そうすることによって肌が乾燥してしまう前にうるおいを閉じ込めてしまうことが出来ます。

 

濡れた体にオイルなんて馴染みにくいんじゃないかと、私もはじめは思いましたが真逆でした。お風呂上がりの暖かい状態の肌だからこそ、オイルがしっかり馴染むんです。

高価な物じゃなくて、ドラッグストアなどで手に入る物で十分効果がありました。

 

これで終了してもいいのですが、冬場など特に乾燥のひどい時は少し時間をおいて、さらにその上からボディクリームを重ねて塗っています。ボディクリームが蓋の役割をしてくれて、しばらく乾燥を防いでくれますよ。お気に入りの香りの物を使用すると気分も良くなります。

 

あと、私は乾燥と共にひどい時は痒みもありました。そういう時に気を付けていたのはお風呂の湯船の温度です。

 

寒い時期は特に熱めの湯船に浸かりがちですが、温度が高いと皮膚への刺激が強すぎるため余計に痒みを引き起こしてしまうそうです。ですので、38度~40度くらいの温度の湯船に浸かるようにしています。

 

ぬるめのお湯だと体が温まらないのでは?と思われやすいのですが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるとしっかりと温まるので問題ありません。

 

誰にでも簡単に始められることばかりですので、乾燥肌でお悩みの方は是非試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ