乾燥肌からモチモチ肌になる方法

乾燥肌は季節によって違いはあれど、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

特に、秋から冬にかけての空気の乾燥により、

顔のみならず、身体も乾燥気味になるのでお手入れが必要です。

 

乾燥肌から潤い肌になる為に、毎日のちょっとしたお手入れが大事になってきます。

そこで、乾燥肌にならない為のお手入れ方法を上げていきます。

 

【秋になってからケアをしても遅い。ケアは年中すること】

春から夏にかけて紫外線をたくさん浴び、お肌はダメージを受けています。

寒くなって、そろそろ保湿ケアしなくてはと実行するのはおススメできません。

紫外線は年中降り注いでいます。紫外線予防はもちろん、乾燥しないよう保湿ケアは必至です。

 

【保湿力がアップするやり方】

おススメは、お風呂上がりです。お風呂の蒸気で毛穴が開いた状態ですので、

お風呂上り、間髪入れず化粧水をたっぷり顔から身体までつけます。

これは効果てきめんです。ぐんぐん化粧水が肌に浸透していきます。

化粧水をした後、すぐに乳液や保湿クリーム等で蓋をしてお肌に入った水分を閉じ込めます。

【化粧水の前に導入液(ブースター)が効果的】

導入液という化粧水の前に塗って、より化粧水の浸透力をアップするものがあります。

少し前から、もう当たり前かのように各メーカーが出しています。

 

これを使うのと使わないのでは雲泥の差があるように感じます。

肌の潤い感の持続が全然違うからです。

ぜひ、取り入れてみてはいかかでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ