目立つ頬ニキビ!古くなった角質や角栓が原因?

メイクをするたび、鏡を見るたびに電車の窓に映った自分を見るたびに・・・

頬にポツッとできた“頬ニキビ”気になりませんか?

頬ニキビ

頬にできるニキビは、目立ってしまう上に重症化しやすくまた治りにくいとても迷惑なニキビですよね.

また目立つからと言って炎症を起こしているニキビの上からファンデーションなどのメイクを重ねることによってさらに症状は悪化します。

またニキビは普通のスキンケアではなかなか改善することができず、小さくポツポツとできるニキビの初期段階、白ニキビや黒ニキビの段階で気づいて慌てて洗顔やスキンケアを頑張ってもなぜか悪化してしまうことも多いのではないでしょうか?

しかし、頬ニキビができる原因を理解して適したスキンケアを取り入れることで頬ニキビが悪化する前にしっかりとケアすることができます。

頬ニキビはどうしてできる?

まず頬ニキビは、過剰に分泌された皮脂や落としきれていないファンデーションなどのメイク汚れ、古くなった角質、肌に付着しているほこりや汚れが混ざり合って毛穴で塊になってできる“角栓”が皮脂を餌に増殖するアクネ菌によって炎症を起こすことで発生します。

akasironikibi

頬は身体のなかでも皮脂腺が多く集中している場所なので、皮脂が分泌されやすく角栓もできやすくニキビに悪化しやすいのです。

また頬ニキビを繰り返す人の肌は慢性的に乾燥していることが多く、乾燥の悪化によって皮脂腺が刺激され皮脂の過剰分泌につながっている場合も。

また頬は日常的に外気にさらされ、ほこりなどの外部からの刺激も受けやすくファンデーションなどのメイク汚れも残りやすいため、ニキビにとっては絶好の場所なのです。

頬ニキビのケアには専用のスキンケアアイテムが必須!

頬ニキビケア対策のポイントは3つ!
1、 毛穴の奥に詰った皮脂を角栓を取り除く
2、 乾燥した肌をしっかり潤す
3、 肌のバリア機能をととのえて刺激に強い肌を作る

そしてこの3つの頬ニキビケア対策をしかりと行えるスキンケアアイテムがニキビ専用スキンケアライン ビーグレンです。

ビーグレンが提案するスキンケアはニキビの改善や予防を前提として開発されています。

まず、毛穴の奥から汚れを吸着し掻きだす天然クレイの洗浄成分モンモリロナイトによる“クレイウォッシュ”、つぎにニキビができる大きな原因となっている乾燥肌をやさしく潤す“クレイローション”、ビーグレン独自に開発された浸透テクノロジーQuSomeによる高保湿、高保水ゲル“モイスチャーゲルクリーム”を毎日のスキンケアに取り入れるだけで頬ニキビの改善・予防に高い効果を発揮します。

気になる頬ニキビ・・・悪化する前にビーグレンシリーズで毛穴の奥からニキビ専用スキンケアを始めましょう。
●敏感肌にも最適! 修復効果でニキビ跡や黒ずみも改善 → 詳細はこちら

まとめ

大人の頬ニキビの原因は乾燥!

頬は、男性や女性など性別関係なくTゾーン同様に顔の中でも皮脂の分泌が多くニキビができやすい場所です。

頬は、成長期特有のホルモンバランスの崩れによる皮脂の過剰分泌が原因で発生する“思春期ニキビ”がよくできる場所です。

この思春期にできる頬ニキビはホルモンバランスの安定とともに自然と少なくなっていきまう。

しかし、大人でも頬ニキビに悩まされているひとはたくさんいますよね。

それは、肌の乾燥が原因です。

肌が乾燥する理由は、加齢による保湿成分の減少、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、ダイエットによるビタミン不足、コスメによる肌ダメージなど様々です。

肌が乾燥していると皮脂も少なくニキビができにくい印象かもしれませんが、私たちの肌は乾燥が進み肌のバリア機能が低下すると、肌が危険を感じ皮脂を普段よりたくさん分泌させ肌を守ろうとします。

もちろん、皮脂腺のたくさんある頬からもたくさんの皮脂が分泌され頬ニキビとなってしまうのです。

頬ニキビは赤ニキビや黄ニキビに悪化しやすく治療にも時間がかかってしまいます。

乾燥による大人の頬ニキビの効果的な改善や予防対策は脂性肌に合わせたスキンケア化粧品ではなく、肌に優しく低刺激の洗顔料を使用し乾燥肌に合わせセラミドなど保湿性の高い成分が配合された化粧水や乳液の使用を心がけることです。

また、頬ニキビは胃腸の調子と関係していて胃腸のコンディションが良くないとたくさん現れるとも言われています。

なんども頬ニキビを繰り返す場合胃腸の状態にも気を付けてみましょう。

毛穴ニキビとは

毛穴が開き黒くなっているのを黒ニキビ逆に閉じているものを
白ニキビというのです。

ニキビも種類があると先ほども言いましたが例えばこんなものがあります。
思春期ニキビ、大人ニキビ、背中ニキビ、顎ニキビ、ニキビ跡、

まだまだありますがこのへんにします。
このようにニキビの種類がありますができる原因から治す方法も
またそれぞれ違ってきますので全部が同じという認識をしないように
注意しましょう。

ここからはこれらを順番に説明していきます。
まずは思春期ニキビからいきましょう。

思春期ニキビ

ニキビの一つである思春期ニキビは成人する前にできるものとされており
主におでこにできます。

なぜ成人前なのかといいますと、ホルモンバランスが関係してきます。
この時期はホルモンが多く分泌される時期でもあり同時に成長期とも
いいます。

そうなるとホルモンバランスの変化もしてきて崩れると
皮脂の量が増えこれを餌にする菌が繁殖します。

すると毛穴に詰まりニキビができるということなのです。
ホルモンバランスの乱れの原因は夜更かしや偏食だったり
いつもと違う生活をすることでおこるとされています。

しかし思春期ニキビの良いところは年齢と共にホルモンバランスが安定してくるので次第に治ることです。
治し方は一度生活習慣を見直すことをしましょう。

大人ニキビ

大人ニキビは思春期ニキビと違ってホルモンバランスではなく
様々な原因でできるのが特徴です。

大人ニキビは吹き出物とも言われています。
大人ニキビの原因は乾燥したりストレスによる過剰な皮脂が原因で
できてしまいます。

とくに乾燥肌の方は肌に潤いがない状態なので角質を厚くしてしまい
毛穴を塞ぐことになりニキビができてしまうのです。

この大人ニキビの治しかた対処法は簡単なようで難しいことです。
ストレスを感じないことと溜めこまないことが対処方になります。
ストレスと言いましても感じるものあれば直接負担がかかることもあります。

このご時世ストレス社会なのでとても難しいことではありますが
どうしてもストレスを感じてしまうなら溜めこまないように
どこかで発散しましょう。

やり方はたくさんあり人によってことなりますが自分の好きなことを
自由にやるのがベストだと思います。

なかなか大声出せなければカラオケに行くのも良いです。
乾燥肌が原因なら潤いを与えて乾燥しないようにケアをしてあげると良いです。

背中ニキビ

さてお待ちかねの背中ニキビですが背中には顔にもあるtゾーンに似た
Vゾーンというものがあります。

これは皮脂が良く出る部分のことです。
しかし背中は顔と違い後ろのため見えにくく気づくことが難しいです。

なぜできてしまうのかといいますと顔は洗顔したりと見えやすいですが
背中の場合は寝ている時も汗をかき寝相によると思うのですが
衣類を着用するので毛穴を塞ぎやすくニキビができやすくなるのです。

もちろんストレスも原因の一つなので生活習慣などの見直しも必要です。
対処方はニキビを潰さないように優しく洗い清潔に保ことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ