湿度が高いことを利用しています

日本は湿度が高くて過ごしにくいところがたまにキズだと言われていますが、「この湿度のおかげで肌が乾燥から守られている」と考えることもできます。できるだけ置かれている状態を良い方向に考えたいので、わたしは湿度が高いことを「これはこれで良いことだ」と捉えるようにしています。

 

マイナスの方向に考え出せばきりがなくなります。「湿度が高いせいでジメジメして吹き出物ができやすい」とか「湿度が高くてカビが発生しやすい」とか、悪い方に考え出すといくらでも不満が出てきます。でも、そんな考え方をしているとつまらないのです。

 

だからわたしは「この湿度が高いということを逆に美肌のために利用できないものか」と考えるようにしています。美しい肌になるためにこの高い湿度を利用しない手はないと思うのです。

 

最近は湿度が高い日に換気扇を回したり窓を開けたりしないで、湿度を有り難いものとして利用しています。ボディーローションを使わなくても、湿度が高い日は素肌のまま過ごしても大丈夫なことに気が付きました。肌にベタベタとクリームを塗り重ねなくても済むことを覚えたので、雨天や雨天後の湿度が高い日が好きになってきました。加湿器を使わなくても十分です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ