ビタミンCを摂るときのポイント

美容によい栄養素としてよく知られているのがビタミンCです。ビタミンCには還元力があり、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを予防、できてしまったメラニンを還元してシミを薄くする働きがあります。

 

コラーゲンの生成にもかかわっており、アミノ酸と一緒に摂ることでコラーゲン生成が促されて、ハリと弾力のある肌に近づきます。

 

美容によいビタミンCですが、効果を実感するためには摂り方にポイントがあります。

 

ビタミンCが多く含まれている食品は、イチゴ、キウイ、柑橘類、パセリ、赤パプリカなどです。パプリカには赤、黄、オレンジなどがありますが、もっともビタミンCが多いのは赤パプリカです。

 

ビタミンCには水に溶けやすく熱に弱い性質があります。長時間水にさらしたり切ってから洗うとビタミンCが流出してしまうので、切る前にさっと洗うようにしましょう。長時間の調理を避けることでビタミンCを残すことができます。

 

果物だと生で食べやすく効率的に摂取できます。パセリやパプリカなどはサラダにして食べやすいですね。

 

また、一度に大量に摂取しても排泄されてしまいます。ビタミンCの効果を長く持続させたいなら、朝にフルーツやスムージーを摂る、おやつにフルーツなどこまめに摂取するとよいでしょう。

 

ソラレンという物質には摂取してから紫外線を浴びるとシミができやすくなる性質があります。レモン、キュウリ、パセリなどはソラレンが含まれているので、紫外線に当たる前に食べないように気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ