生理前のニキビ…「月経前症候群」のせいだった!

女性は生理前になると、体のあちこちにちょっとした異変が起こってくるものです。
それはイライラだったり精神的なものはもちろん、ニキビなど肌・体の表面に見える形であらわれてしまうことも…。

 

生理前のニキビ…「月経前症候群」のせいだった!

生理前に肌荒れやイライラしてしまう、ゆううつな気分になる…などの不快な症状をまとめて「PMS(月経前症候群)」といいます。

これは生理が始まる前に、女性の体が妊娠できるよう準備をするからです。
体温も上がりますし、ホルモンバランスが大きく崩れてしまってさまざまな症状があらわれてきます。

このPMSの症状ですが、人によって大きな差があらわれます。

 

特に多いのが肌荒れ。
乾燥してしまうということもありますが、どうも肌がベタついてしまうということや、ニキビができやすくなってしまうというものが多いようです。
この生理前の肌荒れ・肌トラブルのほとんどがニキビに関するものなんです。

 

それって、なぜなのでしょうか?

 

ホルモンバランスの崩れで皮脂が出やすくなっていた…

 

生理前になると、体の中では「排卵」が起こります。

卵子が体の中に放たれることで、ここで受精した卵子が子宮までおりてきて着地すると、妊娠するということになります。
しかし、卵子が受精せずに子宮へ行くと着地することができないので、子宮内膜と一緒に外へ出されてしまう…これが生理です。

さて、この一連の流れが毎月毎月起こっていくわけなのですが、それには生理の号令を出すホルモンというものが存在します。

生理にはエストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンがかかわっています。
このうち、エストロゲンは生理直後から排卵前に多く分泌され、逆にプロゲステロンは排卵後から生理まで多く分泌されると言われています。

 

排卵後に妊娠しやすい体作りをしていく黄体ホルモン・プロゲステロンは、妊娠しやすい体作りのために水分を蓄えようとしたり食欲増進の作用があったりします。
これによって生理前はむくみやすかったり、食欲が旺盛になって一気に体重が増えてしまった…いうことになってしまうんですね。
すべては妊娠するため、子孫を残そうとする体の働きのためなんです。

 

しかし、このプロゲステロンが分泌されている時期というのは、前述のとおりPMS・月経前症候群が起きてくる時期となります。

 

生理前になるとこのホルモンバランスが崩れてしまうため、皮脂の分泌がふだんよりも多くなってしまい、毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすくなるというわけなんです。
また、だからといって必要以上に洗顔をしたりするのは逆効果で、肌への刺激となって負担になってしまいます。

 

PMSのときのニキビというのは、黄体ホルモンが分泌される時期が過ぎると自然と治っていくもの。
気になるものではありますが、必要以上に気にすることはありません。

PMSのせいでニキビ、毎月は辛いです!

とはいえ、毎月こんなことになっていたら万が一ニキビ痕が残ってしまったり…ということを考えると、とても落ち込んでしまいますよね。

生理前のニキビの対策としては、やはりスキンケアにあります。
皮脂の分泌が活発になりますから、できるだけ毛穴に皮脂が詰まらないようにケアを行いましょう。

 

脂取り紙などでこまめに皮脂をオフするほか、洗顔をして余分な皮脂を取り除きます。

ただ、注意したいのが皮脂の取り過ぎはダメだということ。
ある程度の皮脂は肌の水分蒸発を防ぐために欠かせないものですし、雑菌や空気の刺激などから肌を守るために必要な存在。
ニキビ予防・対策に…ということで皮脂をオフしていたのが、かえって肌に負担を与えたりニキビのできやすい環境を作ってしまわないように注意しましょう。

 

そして、メイクするときには化粧品も刺激となってしまったり、ファンデーションが毛穴に詰まってニキビの原因に…ということもじゅうぶん考えられます。
ニキビ予防として毛穴をいつも清潔にスッキリとさせることを念頭に、PMSが重いときなどはピルを利用するなどしてうまく生理とつきあっていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ