スキンケアの基本・洗顔は毎日コツコツと!

多くの方が美しいお肌を保つため、またニキビができないように日々洗顔などのスキンケアをしていますよね。
ニキビを予防するためには、またニキビができてしまったときにも、どのような洗顔をしたら良いのでしょうか?

 

スキンケアの基本・洗顔は毎日コツコツと!

 

ニキビ肌に限らず、洗顔をするということはスキンケアの基本中の基本です。

 

化粧水やクリームなどを塗るスキンケアは、たとえば疲れて帰ってきたときなどは「今日はいいか…」と思ってしまいませんか?
しかし、洗顔は多くの方が毎日行っているものですよね。

 

つまり、洗顔のやり方が間違っていると毎日肌に大きな負担をかけている…ということになりかねません。

 

そうすると肌は自分が思っている以上のダメージを受けていることになりますし、せっかくニキビができないように…とケアをしていたつもりでも、逆効果だということになります。
そんなことにならないように、正しい洗顔方法を知っていくことが大切ですね。

口コミよりも自分自身の肌質に合う洗顔料を!

 

ニキビのない美しいお肌を保つためには、まずは毛穴に詰まった汚れを取り除いていくことが大切です。

 

ニキビというのはそもそも毛穴に日々の汚れや皮脂、古くなった角質層が剥がれて詰まってしまい、そこから炎症を起こしてしまうことで発生します。
つまり、この皮脂や角質層詰まりのない、美しい毛穴をキープすることによってニキビ知らずの肌になれる…というわけなんです。

 

体質や肌質によって、皮脂の分泌量や角質の多さなどが違ってくるのですが、基本的には毛穴詰まりを解消してあげる・予防してあげることでニキビとは縁のない関係になれるでしょう。

 

ニキビ予防・対策に使う洗顔料ですが、これは口コミなども重要ではありますが、もっとも大切なのは自分の肌質に合っているかどうかです。
口コミを重視して洗顔料を選ぶよりも、自分の肌と相談して使いやすいものを使うのがベスト。
どんなに良い成分が入っていたとしても、使い終わったあとに肌がヒリヒリしてしまったり、肌が思った以上につっぱる…という使い心地では肌に負担がかかっていることになります。

 

スキンケアコスメのまとめサイトやランキングなどをチェックして、そこから自分の肌に合っていそうというものを選んでみてはいかがでしょうか。

ゴシゴシ洗顔はNG!必要以上に皮脂を取らないで

 

そして、ニキビの洗顔については多くの方が間違っているのが、毛穴の汚れを必死に掻きだそうとして必要以上に力を入れてゴシゴシとこすってしまうことです。

 

実は、肌にとってもっとも大きなダメージとなってしまうのが「摩擦」です。
顔の皮膚は全身の皮膚の中でも特に薄い場所ですから、ちょっとこすっただけでも赤くなってしまいます。

 

特に洗顔のように毎日行うことで、少しずつ肌への負担が蓄積されていってしまうので色素沈着の原因になってしまうということも考えられますので、ご注意を。

 

そして、ニキビの洗顔についてこちらも多くの方が勘違いされているのですが、ニキビの原因のひとつである「皮脂」を取りすぎてしまうということです。
こまめに洗顔をしてベタつく皮脂をしっかりと取り除くという考えがありますが、実は皮脂の取り過ぎは乾燥を引き起こしてしまいます。
ある程度の皮脂が肌に存在することによって、水分が蒸発することなく肌にキープされているのです。

 

ですから、油分と水分とのバランスを適度にとってあげれば肌は乾燥知らず、またニキビ知らずということですね。

 

ただ、過剰な皮脂はやはりニキビの原因となってしまいますから、洗顔料の泡で優しくくっつけるというイメージで取り除きましょう。

天然成分でできているクレイ石鹸などはニキビ予防にも効果抜群だと言われていますし、毛穴に詰まっている汚れも吸着してくれるということで使いやすいと評判になっています。
適切な洗顔やスキンケアで、しっかりとニキビ予防をして美しいお肌を保ちましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ