ニキビの間違ったスキンケア…皮脂のオフしすぎに注意

みなさんは、ニキビ対策をしっかりしているでしょうか?
今までニキビなんてできなかった…という方でも、年齢を重ねることで体質に変化が生まれたり、ニキビができてしまうということもあります。
ニキビがあるという方もそうでない方も、ニキビができないようにどんなスキンケアをしていけば良いのでしょうか?

 

ニキビの間違ったスキンケア…皮脂のオフしすぎに注意

 

ニキビのためのスキンケア…というと、まずは基本である洗顔でしょうか。

 

ニキビができやすい方というと皮脂の量が多めだったり、常に顔がテカテカと脂っぽいという脂性肌の方が多いようです。
そこで皮脂をしっかり取り除こうと、一日に何回も何回もこまめに洗顔をしてさっぱりとした状態にしているという方が少なくありません。

 

…が、これは非常に良くありません。

 

確かにニキビができてしまう原因として、皮脂が毛穴に詰まってしまうことが挙げられます。
しかし、毛穴に詰まるのは皮脂だけではなく、古くなった角質やメイク汚れなど、実はたくさんのものがあるんです。

 

しかも皮脂を取りすぎてしまうということは、肌の表面を守ってくれているバリア機能を壊してしまうということにもなります。

油分と水分のバランスが取れている肌は、雑菌や空気などの刺激から肌・体を守ってくれています。
この機能が壊れてしまうことによって、肌はピンチ状態を察知してより多くの皮脂を分泌してしまうのです。

このせいでなかなか肌の調子がととのわず、常に脂っぽい…という状態が続いてしまうのでニキビができやすくなってしまうというわけなんですね。

 

ニキビケアの基本・洗顔はクレイ洗顔料がおススメ

さて、そんなニキビのスキンケアの基本である洗顔。

 

前述のとおり一日に何度も何度も洗顔をするというのは、肌を美しく守るためのバリア機能が壊されてしまうためNGです。
基本的には一日に二回、朝とメイクを落としたあとに行いましょう。

 

洗顔のときにどういった洗顔料を使うかによっても、肌の仕上がりがかなり違ってきます。

 

低刺激・無添加など、肌に優しい洗顔料がたくさん販売されていますよね。
特に人気となっているのが「クレイ」タイプの洗顔料で、これは泥や粘土が含まれたものを指します。
見た目もグレーや黒っぽい洗顔料が多く、触り心地としてはちょっとざらざらとしたものも。

 

このクレイ洗顔ですが、以前のクレイ洗顔料は肌にとって刺激が強く、ざらざらとしたテクスチャーによって肌が傷んでしまうということが言われていました。
まるでスクラブ剤のようなイメージで、使うと肌がヒリヒリする…という方も少なくありませんでした。

 

しかし、最近のクレイ洗顔料については非常にマイルドな使い心地になっているものが多く、さらに必要以上に皮脂を取り除かないという適度な効果も相まって人気となっています。
余分な皮脂やアクネ菌などの原因菌などはクレイに吸着して取り除かれるので、ゴシゴシと力を加えて洗顔をする必要もないため、肌にとってとても優しいものとなっています。

ベタつく脂性肌でも保湿はマスト!

クレイ洗顔後は、しっかりと保湿を行っていきます。

 

CMなどでもよく見かけるニキビケア専用のローションでもかまいませんし、自分の肌に合っている化粧水などのスキンケアアイテムを使っていきましょう。
皮脂でベタつきやすいからクリームや乳液は必要ない!と考える方もいるのですが、これは間違いです。

 

どんなに化粧水やローションなどの水分で肌を満たしたとしても、水分はすぐに蒸発してしまいますよね。
肌にも同じことが言えますし、さらに水分と言うのは蒸発するときに周りの水分も道連れにしてしまいますから、さらに乾燥を招くことに。

 

しっかりと補給してあげた水分をキープするべく、クリームなどの油分を適度に与えてあげましょう。

 

そして、ニキビ肌のスキンケアはもちろんなのですが、なかなか治りにくい大人ニキビなどには生活習慣も見直してみては。
野菜やフルーツに含まれるビタミン類には、ニキビなどの炎症を鎮めてくれるものや、皮脂の分泌を抑えてくれるという効果があるものも。
美肌・美容成分を積極的にたっぷりと摂取して、さらにスキンケアをしてニキビ知らずの肌にしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ