スキンケアの基本は保湿そして労わること

スキンケアの基本、そして根本にあるのは保湿です。

保湿ができていないと、肌のバリア機能を失って

水分が出ていくだけではなく

紫外線や花粉、空気中の汚れから肌を守れなくなってしまいます。

 

では、保湿するには化粧水をたっぷりと

 

というだけではいけません!

化粧水を必要以上にバシャバシャつかってしまうと

その化粧水が蒸発する際に自分の肌の水分まで蒸発してしまうことがあります。

なので

 

保湿する機能をちゃんと肌にもたせているか

 

というのが重要ポイントです。

肌質に合わせて、ジェル、乳液、クリームをしっかり塗りましょう。

 

日焼で肌がピリピリしてしまう

そういうときのオススメは馬油です。

傷薬にも使われ、やけどにも強い治癒力効果をもつ馬油は弱った肌の見方です。

 

というのも、日焼でヒリヒリ=お肌が炎症している証拠(怪我のようなもの)だからです。

刺激のある化粧水を使ってから保湿するよりも

丁寧に顔をあらった後に馬油のみを、擦らず怪我をいたわるようにゆっくり伸ばしてください。

 

馬油は決して良い香りではありません。

人によっては油臭くてなれるまでは嫌という方もいるかもしれませんが

お肌のいたわる方法としてここは我慢してください。

 

普段のスキンケアでもちゃちゃっと終わらせるのではなく

化粧水も美容液も乳液も

なるべく鏡を見て手で肌を包み込むようにいたわるようにケアしましょう。

肌は自分の一部です。

 

バシバシたたくように接するなんてもっての外です。

大切に扱えばちゃんと答えてくれます。

「今日もありがとう。明日もよろしくね」

 

そんな気持ちでお肌のケアをすると不思議と調子がよくなります。

騙されたと思ってすべての女性にやってみてもらいたいスキンケア方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ